アルケミラの小部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アルケミラのこべや その48

 高瀬・美奈子ちゃんは言いました。
 「貴方に、死と隣り合わせの青春を――」って。

 あんな戦いの後でも学校はあります。
 イセスは今日はお休みしました。

 真面目に見えてけっこうリベラルな子です、はい。
 学校と戦争が隣り合わせな日と思うと、美奈子ちゃんの言葉をつくづく実感します。


 朝に読む人はおはようございます。
 お昼に読む人はこんにちわ♪
 夜に読む人はこんばんわ。

 みんなのアルケミラおねいさんですよ。


 昨日は、みんなお疲れ様です。
 びっくりするくらい激しい戦いで、志摩ちゃんや楓ちゃんが重傷を負ってしまったりしたけれど
 それでも笑って今日と云う日を迎えられたのは、とっても素晴らしいことだと、おねいさん思います。

 重傷を負った志摩ちゃんや楓ちゃんは、ゆっくり休んでください。
 あ、でも楓ちゃんは依頼だっけ? 無理したら、おねいさんが「めー!」ですよ?



 さてさて、今日はちょっと長い更新になります、が。
 ちょっと記事の量が多いので2つに分けますね。

 ここから先は、イセスと汐音ちゃんだけのお話。
 いつものお惚気ノロノロのお話。
 読みたい人だけ、どうぞです♪




 昨日は、本当に激戦でした。


 イセスは、コマンダーとして、出来得る限りの事をやっていました。
 ルートをみんなに伝えるのは、すごく辛かったみたい。
 よく練られたルートで、コマンダーのみんなには本当に感謝しています。

 でも、それが100%成功するかどうかは分からなくて
 特に6T目の6と7の二面制圧に関しては失敗すると後がない状態でした。
 7T目の大いなる災いの本陣攻めだって、成功していたかどうか、分かりません。

 自分の伝えた作戦で、イセスの大事な人たちと、その人たちを大事に思う大勢の人。
 そして、街角で慎ましやかに暮らしている人の命を脅かすかもしれない。

 その重圧に耐えて、イセスは自分の役目を果たしきりました。
 終わった後は、立てないくらい、今まで食べたものを胃が受け付けなくなるくらいに疲労困憊していました。
 

 あの子は、「自分が戦えたのは汐音さんのおかげで、格好をつけてられたのも汐音さんのおかげ」と言っていたけれど。
 汐音ちゃんが傍に居なくても、出会っていなくても、同じことをして、同じ倒れ方としていたでしょう。
 自分の全能を把握して駆使することに関しては、おじ様に躾けられていましたから。
 
 けれど、汐音ちゃんと出会わなければ、あの子はあんなに多くの人と知り合うことはなかったでしょうね。
 イセスが今回で背負う命の数は、もっと少なくて、そして、自分を突き動かす気持ちも
 上辺だけのものと理解したまま、戦っていたと思います。私と、二人だけで。

 あの子の気持ちに熱をくれて、中身をくれたのは、やっぱり汐音ちゃんで。
 あの子が今戦う気持ちを熱く燃やしていられるのは、汐音ちゃんのおかげ。
 あの子が、自分の全てを捧げて戦った姿を「褒めて欲しい」と一番強く願うのも汐音ちゃん。
 この前やっと、胸を張って口にした「護る」という言葉は、汐音ちゃん以外に使ったこと、ないです。
 ウソみたいでホントの話。女の子の前であんなに格好つけるのも汐音ちゃんだけ。
 

 汐音ちゃんはあの子に戦う理由をくれました。
 あの子に友達と先輩と後輩をくれました。
 あの子に恋人をくれました。人生をくれました。

 「大袈裟な」? 「それはイセスが頑張ったからだろう」?

 うん、そうね。でも、その“きっかけ”をくれたのは貴女よ、汐音ちゃん。
 だから、あの子は貴女に感謝してるの。貴女の事、愛してる。

 重い過去にも弱音を吐かず、歯をくいしばってる素振りも見せずに戦う貴女。
 茜色の夕方と昏い夜の狭間を独りでも歩いて、友達だって作っちゃえる貴女。
 いじわるでツンデレさんで恥ずかしがり屋で、笑顔がとっても素敵で、繊細で奥手な貴女。



 その子の為に、いつもは100%で戦える男の子は、100%以上で戦えました。
 あんなに立派に戦えるのに……ふふ、最後はあんなことになっちゃったね。
 せっかく、汐音ちゃんが勇気を出してくれたのに。
 頑張った分で稼いだポイント、帳消しかしら?

 詰めが甘くて鈍感で、女の子の扱いがホントにまだまだ、ダメダメな子だけど。
 上がっちゃったガードの分は、ぜったい挽回してみせる、やる時はやる子だから。

 待っててね? 



 二度目に味わうあの激戦で、私があれだけ戦えたのは。
 貴女と、貴女を好きなイセスのおかげです。

 大好きよ、汐音ちゃん。
 イセスを愛してくれて、ありがとう。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

改めて…

お疲れ様でした…そして、ご心配おかけしました。(ぺこり)

この場には、いない……そして…帰ってきた時には、
何事もなかったように振舞うだろう本体に代わり、ご挨拶に参りました。
飛び出した理由は…本体にとって、もう1人の大切な人の為…とだけ、言っておきますね?

最後に……昨夜は、お楽しみでしたね?

もとい………偶然とは言え、物凄いタイミングにお邪魔して申し訳ありませんでした。(苦笑)

月森 来夢の偽身符 | URL | 2009/02/09 (Mon) 15:35 [編集]


人生において

誰かとした約束よりも重いものなんて、たくさんありますから。
それが、今回の件だっただけですよ。お気になさらず、です。

ご無事で本当に何よりでした(微笑)

イセス | URL | 2009/02/10 (Tue) 16:42 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。