アルケミラの小部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アルケミラのこべや その123


 『7月7日、晴れ』

 はーいこんばんは! アルケミラおねいさんです♪
 今夜はいい七夕びよりね♪


  七夕会場も今夜で最後。
  ゆっくり楽しんでいってね!

  会場はこちらでーす♪ ⇒



 ところで、みんなの町では天の川、見えてる?
 都心の人だと、街の明かりが眩しくて天の川が見えないかしら。

 そんな時にね、おねいさんは一本の映画を思い出すの。
 外国の映画で、タイトルは『7月7日、晴れ』って言う映画でね。

 あらすじを説明すると、普通のサラリーマンの男の人が、ひょんなことから
 7月7日生まれの世界のトップアイドルの女の子と、キャンプで出会うの。
 女の子は7月7日生まれなのに天の川を一度も見た事がなかったんだけど
 男の人が女の子にキャンプで天の川を見せてあげてね。

 「また天の川を見ようね」って二人で約束するの。

 でも、かたや世界のトップアイドル、かたやしがないサラリーマン。
 1年の間に二人の距離は物理的にも、精神的にも離れてしまう。
 けれど、二人とも7月7日の約束だけは忘れなかった。

 1年後の7月7日、アイドルの女の子はラジオのパーソナリティを務めている最中に
 ラジオの電波で、男の人とした約束を口にする。

 女の子の声に耳を傾ける人々。
 同じくラジオを聴く男の人は、実は驚くほど女の子の近くに居たの。
 でも、男の人は会いにいけない。去年は知らなかったけれど、だって。
 だって女の子はトップアイドルだもの。


 切なさに震える女の子の声。
 「逢いたい」、そんな願いをこぼした時に。



 街の一角で、電気の灯りが消えたの。



 ラジオで女の子の声を聞いていた誰かが。みんなが。
 明かりの消えた街角を見た時。


 また、街のどこかで灯りが消えるの。


 次々に消えていく街の灯り。
 それを見つめる男の人。

 女の子がラジオのブースから駆け出す音が聴こえて。
 男の人も駆け出したのよ。


 ぽっかりと街の灯りが消えた夜空に浮かぶ、綺麗な綺麗な天の川。
 その下で、二人は、また出会って……堅く抱き締めあうの。


 七夕になるとね、おねいさん、その映画のシーンを思い出して
 胸があたたかくなるのよ。少し古いかもしれないけど、素敵な映画だわ。


 今日は七夕だから、少しロマンティックなおねいさん。
 天の川の下で抱き合う相手のいるみんな。今、幸せ?

 だったらおねいさんも、とっても嬉しいな!


 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ロマンティック♪

すっごくロマンティックですね。
とっても見たくなりました…
きっととてもステキな映画でしょうね。
うん、できればリュート先輩と(きゃっ

久留宮・沙希 | URL | 2009/07/08 (Wed) 01:33 [編集]


うふふふふ♪

見るといいのよ、見るといいのよぅ♪

アルケミラ | URL | 2009/07/08 (Wed) 01:39 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。