アルケミラの小部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アルケミラとイセスのこべや その23


 ごめんね、昨日のおねいさん。
 今日のおねいさんはちょっぴり真面目。

 だって今夜はガンナイフを握り直したあの子と背中合わせ。
 お互い口を利かないままに過ごした五日間を振り返ってる最中だから。

 大きな戦いが終わった後に残ったのは大きな大きな傷痕。
 あの子の今までの人生を塗り潰す、黒い黒い大きな殺意。
 冷たく凍えながら焼け爛れるほどに灼い、重苦しい憎悪。


 それに負けない位強くなりたいんだって思って。
 武器も防具もなしに戦ったあの子。
 それを見守りながら過ごす私。


 言いたい台詞は言い尽くして、殴るだけ殴って。
 喧嘩して、私以外にも殴られて怒られて叱られたあの子。
 やっとガンナイフを握り直したあの子。


   ―――ねえ イセス

        もう戦える? もう平気?


 心配で心配で、大丈夫だって判ってるのに。
 ちょっと他の子の説得が効きすぎててジェラシー。
 だから、真面目になんか聞いてあげない。


   <<Yo buddy Sie  beruhigen lebend?>>


 背中の後ろで笑い声。
 おなかを抱えてあの子は言ったの。


   <<Ya Ich habe einen Grund von Kampf Buddy>>



 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。